読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本厚木のエンジニアブログではある

日々の開発で出たエラーや日常などいろいろ書いていくブログです。

WordPress 読み込みを高速化cache設定プラグイン W3 Total Cache

WordPressでwebサイトを制作し、読み込み速度が遅い場合があります。
cache設定プラグイン W3 Total Cacheを使ってキャッシュの設定して読み込み速度を上げような記事です。
Leverage browser cachingの対処方法でもありますかね

https://gtmetrix.com/ とか https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/ で調べると Leverage browser caching
とでていました開くと
Leverage browser caching for the following cacheable resources:hogehogehoge.com
と出ていました。

ブラウザのcacheをしろみたいなのが書いてあります。

英語が苦手なため一応google翻訳さんで。。。
“次キャッシュ可能なリソースのために活用し、ブラウザのキャッシュ”
と翻訳されたので、ブラウザのキャッシュをなんか設定すれば良いとのこと。

cache(キャッシュ)とは

❝キャッシュとは、使用頻度の高いデータを高速な記憶装置に蓄えておくことにより、いちいち低速な装置から読み出す無駄を省いて高速化すること。また、その際に使われる高速な記憶装置や、複製されたデータそのもののこと。

例えば、メモリはハードディスクに比べれば何百倍も高速にデータの読み書きが行えるため、使用頻度の高いデータをメモリ内に保持しておくことにより、すべてのデータをハードディスクに置いた場合よりも処理を高速化することができる。この場合、メモリ(に複製されたデータ)がハードディスクのキャッシュである。

同様の手法は通信においても利用することができ、低速な通信回線を使って読み込んだデータをハードディスクに蓄えておくことにより、次からは高速にデータを閲覧することができる。❞

上記引用

WordPressプラグインW3 Total Cacheを使って解決する

WordPressさんさすが、
W3 Total Cacheを使えばWebサイトのキャッシュやサーバーの設定を容易に行えるようになり、表示速度の高速化を行える!

W3 Total Cache導入方法

ここ見たほうがよさげ。。。
http://bazubu.com/w3-total-cache-23854.html